九州の風俗求人

九州で風俗のお仕事をご紹介しております。求人を比較してもピンとこない、質問できる相手もいない、という方は是非ご活用下さい

ブログについて(最初にお読み下さい)

(2020年12月30日更新)

 

はじめまして。

風俗で働くことを希望される女性をお店に紹介する、いわゆるスカウトと呼ばれる仕事をやっています。もう少しで丸4年を迎えます。

 

【このブログは特に風俗業界未経験・風俗経験が浅い女性へ向けて、業界のことを正しく知ってもらいたい、というコンセプトで書いていくことを目標として続けております。「風俗求人は全部同じに見える」「誰かに話を聞きたいが聞ける相手などいない」「自分で良かれと思って入ったお店がイメージと違った」といった女性に是非見て頂きたいです。逆に、風俗経験が長く、同業者の方との繋がりも多数ある。情報の集め方や取捨選択も出来るという方には向かない内容になるかなと思います】

 

【ご紹介できるお仕事はデリヘル・箱ヘル・ソープランド中心、あと非風俗のメンズエステも取り扱いしております】

 

【特に強いエリアは福岡・佐賀・長崎の三県で、なかでもメインエリアは中洲です。福岡に関しては他のスカウトさんよりも情報量も多く、各所とのパイプも強いと自信は持っております。次に強いエリアは熊本・大分になります】

 

【上記以外の地区(宮崎・鹿児島・沖縄)はご紹介自体は出来ますが、正直、そこまで詳しくないです。数か月前に山口県へも進出しました】

 

【欲しい情報を効率良く探すために「検索」を有効活用してください(パソコンでご覧の方はページの右上に、携帯でご覧の方は画面を下にスクロールさせていくと見つかります)例えば中洲のソープランドの情報が欲しいなら「中洲 ソープランド」だったり、もし佐賀のデリヘルの情報が欲しかったら「佐賀 デリヘル」といったワードで該当記事が探せると思います】

 

【今年は在籍メインの取り扱いでやってきましたが、2021年は出稼ぎを強化していきたいと考えております。今の自分のご契約店さまであれば、ほぼすべての女性希望に対応出来ると思います。単発だけの出稼ぎではなく、目標は「このお店にまた来たい!」と女性へ思ってもらうこと、つまりリピートして頂くことです】

 

【求人に関してはこのブログとTwitter、そして各所からの紹介案件をメインとしていて路上でのスカウト行為は一度も行ったことはありません。基本的に「会う」ことを大切にしており、面談は九州全域行きますし、店舗面接にも同行しています(女性がご希望されない場合はネットのみでご対応させて頂きますのでその旨おっしゃって下さい)】

 

【2020年12月より。契約店さま全店において、店舗求人を見て女性ご自身でお店に入店される場合も、私を経由したスカウト入店に関しても、女子給などの条件は完全に同条件に揃えさせて頂いております。つまり、女性にとってスカウトを使うことでの金銭的デメリットは一切なく、私はおまけで付いてくる存在だということです・笑。ぜひ、おまけの仕事振りを見て頂けたらと思います】

 

【18歳未満の方からのお問い合わせは固くお断りいたします(風俗は18歳以上でしか働けません)年齢を詐称してのお問い合わせはお止め下さい。万が一それに該当すると分かった場合、その瞬間にお電話やLINEでのやり取りは中断、「着信拒否」「ブロック」します】

 

【お問い合わせはTwitterのDMか、もしくは下記のQRコードからLINEでお願いします。Twitterは3年以上やっていますので、もしかしたらこのブログよりも私の活動内容を理解して頂き易いかも知れません。もしよろしければそちらもご覧ください】

 

twitter.com

f:id:DKFS:20200920092852j:plain

 

どうぞお気軽にお問い合わせください。お待ちしております。

金銭感覚と生活水準と勤怠意識

Hannaさんという方のツイート。元銀座のホステスさんとのことです。

 

 

 「風俗に浸かってしまうと金銭感覚がおかしくなると聞くから、なかなか抜け出せなくなりそうで怖いです・・」といった印象は、特に風俗業界未経験の女性がお持ちではないかな?と思います。風俗で働く女性たちと約4年間接してきた私の率直な感想は・・その状況に陥ってしまう女性は100人に1人かなと思います。

 

ほとんどの女性は自制心があるから風俗の仕事から抜けれないということはないです。ただ、どっぷり浸かってしまう方が1%いるのは事実で。その1人は正真正銘「狂った」金銭感覚になります。周りが何を言っても止められないほどに。

 

風俗のお給料は月極め制度では無くてその日に貰える日払い制です。だから、貰ったお給料から出費を計算するのではなくて、「明日働いたら貰えるであろう」給料から出費を「予測するような」思考回路になってしまったら危険信号です。

 

あともう一つ。お金や生活面の話とは別のところで風俗に浸かってしまう原因、出戻ってしまう原因となるものがありましてーー個人的にはお金面よりもこちらが理由であることが多いのではないかなと感じていますがーー勤怠意識です。

 

あらかじめ自分が出した出勤を守らずに変更する、遅刻する、当日欠勤する、無断欠勤するーー就業契約が業務委託契約なので許されてしまうのが風俗業界なんですね。これが当たり前に慣れてしまった女性は出戻りを繰り返す傾向が強いと思います。何故なら、”普通の”会社でこれが許されるところは一つもないから、です。

稼げる子と稼げない子に二極化

風俗業界的には1月年明けから閑散期に入るのは確かです。それに輪をかけて全国的に飛び火している緊急事態宣言のおかげで東京も札幌も大阪も岐阜も高知もそして私のメインテリトリーである福岡も気が狂いそうなくらい暇な土曜日の午後、皆さんいかがお過ごしでしょうか?もう自虐に走るしかないです・苦笑。

 

スカウトのある1日としては午後一から大忙しでした。昨日頂いた案件の詰めと新たに今朝がた頂いた案件を投げて、担当の女の子から2件相談がきてお店さんと打ち合わせ。ようやく落ち着いた今、各店さんの「動き」を状況確認しながらこのブログを書いているのですが・・いや、本気で驚くくらいどこも暇です。

 

こういう危機的状況のときに瞬発力でなんとか出来ればそれに越したことがないし、例えば方法の一つが新人入店効果を狙った出稼ぎなのですが・・昨今は出稼ぎの効果も本当に薄れている。というか、出稼ぎに行って1本とかゼロとかというのもあちこちから聞くようになっています。コロナの影響が大きいのですが・・

 

今まで幾度となく「風俗業界は稼げる子と稼げない子に二極化している」と書いてきました。これだけ厳しい世の中ですが、昨日も今日も、そして明日も担当女性で事前予約で完売させている女の子も全然います。ただ、さすがに0や1は居ないですが、普段8時間待機で4本平均の子が2本で終わったりもあります。

 

違いは第一に本指名が居るか居ないか。第二にもし本指名が安定していなかったとしてもネットを鳴らせるかどうか(これは、ほぼイコールで今まで写メ日記やTwitterをさぼらずにコツコツ積み重ねているかどうか、だと思います)

 

つまりーーこれを言ったら根も葉もないだろという反論は承知のうえでーー女の子の個人能力に依存する割合が大きくなっている、と感じます。さらに言えば。景気が落ち込んでからああだこうだ騒ぐのは時すでに遅し。調子が良いときこそ努力を積み重ねている人は今別に焦っていない、と言い換えることも出来ます。

説教魔

先日タトゥーと入れ墨の違いについて私の思うところを書きましたが、ある現役風俗嬢さんがこの件についてツイート、写メ日記で書いてくれている内容が「まさにこれ」でしたのでご紹介。『SHAKARIKI』のるいさん。札幌のデリヘル嬢さんです。

 

るいは基本的にtattoo入れてる事隠してないし、写真ものせてるしプロフィールにも書いてるし在籍写真にもtattooはいってる写真を置いてたりすんだけど、あまりよく見ずるいのことを呼んでなんだそれって不満げな感じで言う方がいます。基本的にtattooの事があるのでるいはフリーいきません。ちゃんと写真指名で呼んでもらってよく言われることについて返したいと思います

・若気の至りかい
若気の至りって言われてもるいまだ若いし、20歳だし至りなんて全く思ってません。

・将来後悔するよ
後悔するつもりで入れてません、このtattooを入れたことによって
自分の人生すごく変わったので後悔どころかいい事だらけです、将来後悔する気もないし消すつもりもないです

・親から貰った体大事にしなさい
親はtattoo入れてる事知ってるしなんなら自分の体なんだから変に傷つけるとかはダメだけど好きにしていいんだよって言ってくれてますtattooに偏見ないママでよかった🥰

・消した方がいいよ!今レーザーとかもあるしょ!
そもそも消すつもりで入れてないしこの先消す気もないです。。tattooを含めてこれがるいの体であって消したらそれは違う人になっちゃう。それにそもそも私がこれを消した事によって貴方になにかありますかね😥消さなくても消しても同じなんですよ、、

・ヤク〇みたい、ヤク〇の女なの?

随分と古い考えの持ち主の方で、、苦笑。そもそも刺青とtattooってまたちょっと違くて、るいが入れてるのは「tattoo」です。刺青では無いんですよ、まあそれでも刺青やtattooが入ってるだけでやく〇って騒ぐのは頭が古いのかテレビの見すぎなのか、頭硬いですよね🤔

てまあ、色々やっぱり言われるんですけどいつもるいは笑って誤魔化してるけどそもそもるいの人生はるいだけのものであって、tattooを入れてることで誰かに迷惑かけてる訳じゃないし不快に思われる方であれば全然るいに入らなくて大丈夫なのです!お互い嫌な気持ちになるなら、るいに入んない方が絶対いいだろうし😭😭😭😭

それに加えてるいの本指様はそもそも何も気にしてないというかこれを含めてるいだから、そのるいが良いって言ってくれて会いに来てくれて、、はあ。。もう。。いつも会いに来てくれる本指様。。ありがとうー!!!!!ぶちゅ

て事でtattooが苦手な方はるいはきっと合わないと思うから😭😭るいもグチグチ悪く言われるのやだし。。シャカリキは可愛い子多いから他の子を推薦します!!🙆‍♀️🙏🙏💗

今ある出会いを大切に、、るいに会いに来てくれるお兄様これからも宜しくお願いします🤩💗

 

いや、本当にその通りで。「あんたに迷惑かけてないし嫌なら来ないで」ですよね。タトゥーがどうこう、入れ墨がどうこうよりもーー本当に居るんですよねこういう人たちーー女の子を呼んでおいてああだこうだ文句つける人。説教魔とも言いますか。

 

スカウトとしてではなく同じ男としての意見として書きますが・・お金を払って女の子を呼んでおいて嫌われるってよっぽどの変人だし特殊才能だと思います。風俗は楽しむところですよ。自分が楽しむために「女の子と一緒に」楽しみましょうね!

 

お茶のオンパレード

朝起きたらまずやること。仕事柄、私はLINEやtwitterのチェックが日課になっているのですが・・全国の風俗嬢さんのツイートでとにかく「お茶」「お茶」「お茶」のオンパレードでしたね・・。昨日は全国的に本当に酷かった様子です。

 

理由は明確です。緊急事態宣言の対象が11都道府県へと増えたこと。三重県滋賀県熊本県では県独自で発令中と、全国に拡大しているこの流れはもはや止まらないでしょうね・・。シビアな言い方になりますが、期限が2月7日までというのも本当にどうなるか分からない、というか延長されるものだという前提で今後の行動予定を立てるべきではないかと私は思います。

 

風俗嬢さんにとって最も病むのは?スタッフさんとの関係が上手くいかない・・嫌なお客さんに当たってしまった・・これらももちろんですが、一番は「お茶」です。働きに来て給料ゼロで帰らなければいけないというのはーー経験した者なら誰でも分かるし経験しなければ分からないことだけど、心底ツラいですよ。

 

はるか昔、まだ私が若かりし頃。フルコミッションの営業を経験したことがあります。完全歩合で営業成果を持ち帰らなければ給料は0円です。この経験があるから(風俗嬢さんのすべてを理解出来るなんてとても言えないけれど)給料が0か100かで働くということがどういうことなのかは理解出来るつもりでいます。そして、ソフトバンクの強さの神髄⇐でも触れたけど、稼げないとやる気なんて出ない。

 

これをもし見ている、今、苦しんでいる女の子が居たら。在籍で稼げないだから出稼ぎ!と条件反射的に口に出て飛び出して行きたくなる気持ちは充分すぎるほど分かるのですが・・今はその行動はかなり危険です。なぜなら緊急事態宣言の影響は貴女が住んでいて貴女が働いているそこだけで起きている話ではないから。

 

今は在籍を大切にしたほうがいい、もし出稼ぎに行くとしてもリピート店に絞ったほうがいい。今苦しくて新規入店効果に頼ろうとしても効果が出ず⇒在籍に戻ってやっぱり暇で⇒また出稼ぎに行って同じことを繰り返す、という負のループに陥る可能性が非常に高いと思います。ネガティブなことを並べて心苦しいですが・・

日本のトレンド、写メ日記

 

シティヘブンさんの不具合が原因でまさかのぴゅあらばがトレンド入り!?したのは11月のこと。今回、今日の午後から風俗業界ならではのワードがTwitterのトレンド入りするという謎の?事態に陥りざわざわした1日でした。そのワードとは「写メ日記」です。(スクショ撮り忘れてしまったのは私がポンコツだからです。。)ただ、何故トレンド入りしたのかというきっかけは風俗業界の話ではないようです。

 

元のツイート主さんは鍵垢(バズったのでせざるを得なくなった?)ようなのでこれ以上の言及は避けますが、日本のあちこちが閑散期でしかもコロナショック、一都三県に止まらず栃木県・愛知県・岐阜県京都府兵庫県大阪府、そして私に大きく関わる福岡県と緊急事態宣言の地域が拡大し各地で「ぴえんぴえん」言っている風俗業界にとっては明るいニュース?になったのではないかと思います。

 

午前中から福岡を中心に、近郊都市の様子はずっと見ていたのですが・・はっきり言います。ひどかったです。ただ、18時ごろから各店さんとも動き出しているのも事実です。あるお店の店長さんと話をしたのですが「去年の4月もそうだったけど、お客さんが”様子見”している感はありますね」と分析していました。

 

去年のデータを観ると確かにそれは否定できなくて。緊急事態宣言が全国に拡大された4月16日からしばらくは落ち込んだのですが、そのなかで営業を継続したお店のお客さん入りは1週間もすれば元通りに戻っていたんですよ。

 

過去のデータから様々分析、予測するのはスカウトの役目ではあるのですが・・本当に申し訳ないのですが予測はほぼ不可能です。なぜなら前例がないからです。今回も世の状況に合わせてその都度臨機応変に対応していくしかないかな・・と思っています。もちろん尽くせるだけの事前準備は怠らないように、ですね。